よくある目の病気 | 名古屋市中区にある稲見眼科 | 一般診療を中心に白内障や緑内障などの検診も行っております。| 日帰り手術も行っております。

目に関することなら、お気軽にお問い合わせ下さい。 052-331-1173
  • よくある質問
  • よくある目の病気

よくある目の病気

よくある目の病気

麦粒腫

「めばちこ」「めんぼ」などどいわれているものです。
まぶたの一部が赤く腫れて、ずきずきと痛みます。

■原因

まぶたには、涙や汗の出る腺や毛孔(けあな)がありますが、この小さいあなから細菌が感染したものです。

■治療方法

抗生物質で治療します。
黄色く膿んだ時には、切開して膿を出すと早く治る場合もあります。

さかさまつ毛

俗にさかさまつ毛といわれるものには、睫毛乱生と眼瞼内反症の二つがあります。

■症状・原因

まつ毛の並び方が不ぞろいで、まつ毛の一部が角膜(黒目)にさわって刺激し、涙が出たりゴロゴロしたり、痛かったりします。

■治療方法

通常、角膜の方に向かって生えているまつ毛を、抜きます。
本数が多い場合は、手術によってまつ毛を外へ向けることもあります。
乳幼児で症状が軽い場合には、ほうっておいても、成長するにしたがって自然に治るものですが、症状が重い場合には、角膜は常に傷を作りやすい状態にあるので、手術的療法が必要になることもあります。

白内障

水晶体が白く濁り、視力低下を招きます。
外傷性のもの、ほかに病気があって発症するもの、原因不明のものなどもありますが、一番多いのは、加齢による、老人性白内障です。 

■症状・原因

水晶体の濁りが強くなると、瞳孔が白く見えます。
初めは水晶体の周りから濁るので、視力は低下しませんが、進行して中心部も濁ってくると、眼がかすむようになり、視力も低下してきます。
いくら新しく眼鏡を作り直しても、視力はでません。

■治療方法

手術をして、水晶体の濁りをとり、人工のレンズを入れます。
当院では、日帰りで手術を行っています。
手術後、3日間は毎日通院していただく必要があります。

■症状・原因
■治療方法

結膜炎

結膜炎とは、結膜に炎症が起きて出血し、目やにが出るものを総称していいます。
原因は、細菌やウイルスによるもの、異物、酸、アルカリ、アレルギーによるものなどです。

■症状・原因

一番多いのが、花粉症などのアレルギーによる、結膜炎です。
かゆみが強いのが特徴です。
他に、細菌性、ウイルス性などがありますが、とくにウイルス性の流行性角結膜炎は、症状が非常に強く、目が赤くなり、涙がたくさん出て、目がゴミが入ったときのように、ゴロゴロします。

■治療方法

原因によって、治療は異なります。
アレルギー性結膜炎のときには、目薬と場合によっては飲み薬も服用して治療します。
最近は眠くなりにくい飲み薬もあります。
細菌性結膜炎の治療には、抗生物質の目薬で治療します。

ウイルス性の流行性角結膜炎は、うつりますので、予防がもっとも重要で、かかった人は目にさわらないようにし、タオル、洗面器などを別にしましょう。
また強い伝染力があるので、急性期には学校や仕事を休まなければなりません。プールに入ることは絶対さけましょう。
周囲に患者がいる時は、手を流水などでよく洗う必要があります。70%アルコールが消毒に有効だと言われています。

ドライアイ

涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。
パソコンなど、モニターを見つめる作業を長時間行ったり、コンタクトレンズを付けている方に多く見られます。

加齢によって涙の量が減ったり、涙は出ていても、「涙の質」が低下して眼が乾きやすくなっている場合もあります。

■症状・原因

目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じます。
目を使い続けることによる視力の低下も起こります。

■治療方法

症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。
症状が重い場合には、涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療を行うこともあります。
ドライアイの根本解決として、パソコンなど、モニターを見つめる作業や運転では、瞬きの回数が減るのでドライアイ症状を悪化させます。適度の休みを取ることが目の健康に重要です。
涙の状態を悪くさせる内服薬、コンタクトレンズ装用などを減らすことも一つの手です。
また、目の保湿を図るために、加湿器を用いたり、エアコンの風が目にあたらないように設定を変えるなども有効です。
外出時に、目に風があたるのを避けたり、空気が乾燥しているときには保湿眼鏡をかけて目を乾燥から守ることも有効です。

緑内障

眼球内の内圧を眼圧といい、これが高いと、視神経を圧迫して、視神経がしだいに死んでしまい、視野が欠けていきます。

最近では、眼圧が高くないのに緑内障になる患者様が多く、これを正常眼圧緑内障と言います。
40歳をすぎたら、1年に1回、定期的に眼科を受診することをおすすめします。 

また、近視の方は網膜の視神経のあたりが薄く(視神経陥凹拡大)なりやすい傾向があります。定期的にOCTという機械で目の奥(眼底)の写真を撮影すると、どれくらい薄くなっているのかわかりますので、緑内障がどうか、診断するのに役立ちます。

■症状・原因

緑内障になると視野が狭くなったり(視野狭窄)、部分的に見えない部分ができたり(視野欠損)する視野障害が起こります。
初期の段階では中心部から離れた部分に、しかも見えない部分はごく小さい範囲なので、自覚症状はほとんどありません。
一般に鼻側の上のあたりから視野が狭くなっていき、緑内障が進行すると、中心部分に見えない範囲が広がっていきます。
視野障害は視神経が障害されることにより起こります。

■治療方法

眼圧が高い場合は、眼圧を下げなくてはいけません。
具体的に眼圧を下げる治療方法として点眼薬、内服薬、点滴療法、レーザー手術、外科手術があります。

自覚症状がほとんどありませんので、緑内障と診断されたら、定期的に視野検査をすることが大切です。